メディアバナー インプラントセンター
歯やお口の悩み、お気軽にご相談下さい

レーザー治療

はじめに

はじめに

レーザーと聞くと、人それぞれ想起するものがあるかもしれません。
CDやバーコードリーダーなど日常生活でもよく使われています。

レーザーを定義するならば、レーザーとは1秒間に約1兆回以上も振動するエネルギーの強い光のことを指します。そしてレーザー治療とは、このレーザー光線を照射することによって治療効果をより高める治療法です。

安心でかつ質の高い治療を患者様に提供できるように当医院でもレーザー治療を、その中でも炭酸ガスレーザーを導入しています。

レーザー治療の効果

遠赤外線

遠赤外線

当院が使用するレーザーは炭酸ガスレーザーです。その炭酸ガスには遠赤外線効果があります。

遠赤外線は、水の分子に吸収されると内部エネルギーが高まり温度が上昇します。それが細胞組織と共振することで発熱し、いわゆる「熱さ」や「温かさ」を感じます。

発熱すると毛細血管が拡張し、血液循環が活性化し新陳代謝が促進されます。その結果、組織を再生する力が高まるため、治療効果が上がります。

炎症や痛みを緩和することができます

炎症や痛みを緩和することができます

お口の中で痛みや不快感を感じる場合など、レーザー治療を行うことで痛みや不快感を和らげることができます。

またお口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みなどもレーザーですぐに和らぎ、治りも早くなります。
潰瘍などができた場合にも効果があります。

出血を抑えることができます

出血を抑えることができます

レーザー治療を受けることのひとつの特徴は、出血を抑えることができる点です。

歯ぐきや粘膜を対象にした治療では、歯ぐきを切開することがあります。その際に出てしまう血をほとんど抑えることができます。

また、術後帰宅された際に時々血が出てしまうことがありますが、レーザーを施しておくとそれらを抑えることができます。

さらに、歯ぐきに炎症を起こしている場合は、緩和させたり、腫れや痛みを抑えることもできます。

当院で使用するレーザー「炭酸ガスレーザー」

オペレーザー Lite

みらくる歯科では、吉田製作所の炭酸ガスレーザー「オペレーザー Lite」を使用しております。

炭酸ガスレーザーは、妊娠中や高血圧、心臓疾患、人工透析中の方でも安心して治療できる、生体にやさしい治療機器です。具体的には、歯周病や口内炎、歯ぐきの黒ずみ(メラニン色素)の除去、知覚過敏などに効果があります。

炭酸ガスレーザー「オペレーザー Lite」の特徴

歯周病 歯と歯ぐきの間の溝にレーザーを当てて、歯周病菌を治療します。レーザー照射により、歯周病の原因である細菌を減らし、膿を出します。出血や痛みを抑え、回復が早くなります。
口内炎 レーザーによって、口の中や唇にできる口内炎の痛みをすぐに和らげ、回復を早めます。
歯ぐきの黒ずみ メラニンという色素は、歯ぐきを黒くします。この黒ずみは、レーザー照射によって短時間で除去することができます。数日後には、元のピンク色の歯ぐきになります。
知覚過敏 象牙細管という歯の神経につながる穴が開いていると、水や歯ブラシが触れた際に、神経が刺激されます。このとき、レーザー治療を行うと、歯の表面に薄い膜を作って、穴を防ぐことができます。

レーザー治療の症例

歯肉メラニン除去

歯ぐきの黒ずみにレーザーを当てて、白くしていきます。黒ずみが強い場合は何回かに分けて行います。元のように、ピンク色の歯ぐきが復活いたしました。

Before After
歯肉メラニン除去:Before 歯肉メラニン除去:After

小帯切除

舌や、上唇の下のいわゆる「すじ」が強い方にレーザーを当てて切除します。
すじが強すぎると、歯並びや滑舌に影響します。レーザーなら出血が少なく済みます。

Before After
小帯切除:Before 小帯切除:After

粘液嚢胞切除

唇などのできものをレーザーを使って取り除きます。出血が少なく済みます。

Before After
粘液嚢胞切除:Before 粘液嚢胞切除:After

コンセプトムービー

紹介漫画

漫画で解説!みらくる歯科クリニック
ご来院 お待ちしております!