メディアバナー インプラントセンター
歯やお口の悩み、お気軽にご相談下さい

歯垢と歯石は違いがあるの?つかないようにする方法

歯垢や歯石、よく耳にする言葉ですが、皆さんはこれらの違いを知っていますか?歯垢と歯石って何がどう違うんでしょうか?今回はこの、歯垢と歯石について詳しく解説していきます。

52

歯垢と歯石って何が違うの?

歯垢とは・・・

ちょっと歯磨きをサボった後に、歯がヌルヌルして爪でひっかいたりすると白いカスのようなものがついてきたことはありませんか?これが歯垢です。この白いカス=歯垢を食べカスだと思っている人がいるかもしれません。しかしこれは食べカスではなく、細菌の集合体なのです。この歯垢1mgには約1億個〜10億個もの細菌がいるとも言われています。

口の中には多くの細菌が生息しています。通常、細菌は歯にくっついても、ほとんどの場合は唾液で流されてしまいます。しかし、唾液の流れが良くない場所ではこの細菌が糖分を栄養分として増殖し、歯垢を形成します。この歯垢はネバネバ、ヌルヌルしているため、うがいをしたぐらいでは取り除くことはできません。しかし、歯ブラシでは取り除くことができますので、虫歯や歯茎の炎症を起こす前にしっかりと磨いて取り除くことが大事です。

歯石とは・・・

歯石とは、歯垢が唾液中のミネラル成分によって石のように固まってしまった状態です。こうなってしまうと、もはやうがいどころか、歯ブラシでも取り除くことができなくなります。歯垢から歯石になるまでには2日しかかからない、と言われています。歯ブラシだけでの歯垢除去率は6割ほど、と言われています。デンタルフロスを併用しても完全には歯垢を落とすことはできませんので、歯磨きを毎日していても、歯石は少しずつ溜まっていきます。

舌で歯を触った時にザラザラする場合、歯石が溜まっている可能性が高いです。このように歯石の表面はザラザラしているため、歯垢がくっつきやすくなり、またそこに歯石が溜まってしまう、という悪循環にはまってしまいます。実は歯石自体は無毒化されてしまっていますが、この歯石にくっついた歯垢が歯茎に炎症を起こしたり、進行させてしまう原因となります。

53

歯垢や歯石のつきやすい場所はどこ?

歯垢がつきやすいところ

歯垢がつきやすいところとしては、まず歯の三大不潔域と呼ばれる部分があります。

■歯の三大不潔域

・奥歯のかむ面
・歯と歯茎の境目
・歯と歯の間

また、これらの他に、「歯並びが悪くて重なっている場所」や「抜けた歯のまわり」なども歯垢がたまりやすい場所です。

歯石がつきやすいところ

歯石がつきやすいところは、歯ブラシが当たりづらく、かつ唾液が豊富に流れている唾液腺の開口部の近くです。具体的には下の前歯の裏側や、上の奥歯の外側が最もつきやすいところです。

歯垢、歯石がつかないようにするにはどうすれば?

歯垢がつかないようにするためには、正しい方法でしっかりと歯磨きをする、それに加えてデンタルフロスも行う必要があります。ただ、歯磨きをしっかりしていたとしても、間食が多かったり、糖分を頻繁にとったりしているようであれば、歯垢はたちまちついてしまうでしょう。
そのため食事の摂り方にも注意が必要です。

また、歯垢は家庭だけのケアでは完全に取り除くことはできません。それでは歯石がだんだんと溜まっていくことになりますので、定期的に歯科医院で専用の器具を使って歯石を取ってもらわなければなりません。

ただし、歯磨きがしっかりできていればいるほど、歯垢はたまりにくくなるため、歯石が付きにくくなることは確かです。歯石をつきにくくするためにも、正しい歯磨きの仕方ができていることが大事です。

54

まとめ

歯垢、歯石のつき方は食事の摂り方、ブラッシングのテクニックによって変わってきます。なるべく間食をせず、糖分を摂りすぎないということに注意し、正しい歯磨きの仕方を歯科医院で一度教わっておくとよいでしょう。また、歯垢は歯と色が似ているため、ついていることが自分ではわかりづらいものです。歯垢がきちんと取れているかをチェックするために、市販の歯垢染め出し液を使って、汚れの取り残しが出やすい場所をチェックしておくと、その後のブラッシングのテクニックを向上するのに役立つことでしょう。

カテゴリー:みらくるコラム  投稿日:2015年11月26日

コンセプトムービー

紹介漫画

漫画で解説!みらくる歯科クリニック
ご来院 お待ちしております!